マークルデザインが活動協力をしている「RATTA RATTARR(ラッタラッタル)」が2019年度グッドデザイン賞を受賞いたしました。

商品のデザイン性に加え、障がいのある方が製作から流通まで関わる仕組みがダイバーシティ問題への顔が見える取組として評価されました。

RATTA RATTARRは、デザインとクラフトのブランドならびに軽井沢にあるアトリエの総称です。ここではクリエイター(障がい者)とアトリエリスタ(支援員)の相互補助関係によって制作が行われています。クリエイターは日々作品を描いたり、スウェーデン式の織機で織物を作っています。

既成概念にとらわれないプリミティブで無垢な感覚を持ったクリエイターと発見する力や応用する力をもったアトリエリスタ。両者が一体となり作品を制作することで、独自のデザインを可能にしています。

■審査員コメント
クリエイターとしての障害者を支援して商品を生み出す取り組み。同様の取り組みは他にも見られたが、障害者と支援者が相互補助関係として一体となって制作を行い、完成したお皿、ハンカチ、クッション、ライト、傘などアイテムの幅広さと美しさ、採用商品に応じて障害者にロイヤリティーが支払われる仕組みを含めて評価した。小規模かもしれないが、ダイバーシティの問題への顔の見える取り組みの好例として各地に広がることを期待したい。

website  https://rattarattarr.com
instagram https://www.instagram.com/ratta_rattarr
webstore  http://store.rattarattarr.com/

ratta rattarr