ロゴをデザインすることが大好きな2人のデザイナー、武井衛(MARKLE DESIGN)、遠島啓介(DONUT DESIGN)による作品展「LOGOロゴ展」が、6月5日(ロゴの日)から6月12日まで、茅場町のペーパーボイス東京で開催されます。
「LOGOロゴ展」公式サイト

会期中の6月8日(土)には、武井衛と遠島啓介によるトークイベントを開催。
 
展示されているロゴのさらに詳しい解説や、
普段の仕事のなかでどのようにロゴをデザインしているのかといった方法をお話します。
 
ロゴのつくりかたや、ロゴデザインのコツを知りたい方には、おすすめな内容となっています。
 
 
★★ トークイベント概要 ★★
日 時:2019年6月8日(土)15:00〜16:30
場 所:ペーパーボイス東京(同会場で「LOGOロゴ展」を9:00〜17:00開催しています)
住 所:東京都中央区新川1-22-11(地図)
参加費:無料
定 員:20名

お申込みはこちら

問い合わせ先:hello@logologoten.com

■プロフィール

◎武井衛
アートディレクター・グラフィックデザイナー/マークルデザイン代表

埼玉県生まれ。1998年、株式会社レマン入社。複数の広告制作会社、メーカーの広告宣伝部を経て、2015年「MARKLE DESIGN」設立。ロゴを中心に、グラフィック・パッケージ・Webまで幅広いデザインで、企業・商品のブランディングを手掛ける。「デザインの答えはお客様の中にある」をモットーに、お客様とのヒアリングから、本質に光をあてたデザインを心がけている。
主な受賞歴:『日本タイポグラフィ年鑑2019』ベストワーク賞〈ロゴタイプ・シンボルマーク部門 最優秀賞〉、入選など。JAGDA正会員、日本タイポグラフィ協会正会員。

◎遠島啓介
ロゴデザイナー/株式会社ドーナッツカンパニー代表取締役

東京の下町生まれ。1998年よりデザイナー/クリエイティブディレクターとして従事。日本航空Webサイトのチーフディレクターを務めるなど、多数のデザインワークに携わるかたわら、ロゴデザインを紹介するインターネットメディア「ロゴストック」を運営。2016年からは、ロゴ制作を中心としたブランド構築支援事業「DONUT DESIGN」を開始し、毎日ロゴをつくる日々を送っている。ロゴ制作実績は、東証一部上場企業から個人経営の店舗までと幅広く、現在100以上。日本タイポグラフィ年鑑2018入選。著書に『ロゴデザインの見本帳』(MdNコーポレーション)。

■主催
MARKLE DESIGN
DONUT DESIGN(株式会社ドーナッツカンパニー)

■協力
平和紙業株式会社